海外・国際

    a1180_007521


    1: マシンガンチョップ(大阪府)@\(^o^)/ 2014/05/24(土) 09:11:51.83 ID:MA8tmhyC0.net
    米南部、死刑に電気椅子復活 薬物入手が困難

     【ニューヨーク共同】米南部テネシー州のハスラム知事は23日までに、薬物が入手できず薬物注射による死刑執行が難しい場合、電気椅子の使用を復活させる法案に署名、法律が成立した。
    米メディアによると、死刑囚が薬物注射と電気椅子を選択できる州はあるが、当局側が主体的に電気椅子を使えるのはテネシー州だけとしている。

     米国の死刑は薬物注射が主流だが、死刑制度に反対する欧州の製薬会社からの薬物入手が困難になり、不足している。
    独自の配合など試行錯誤を続けているが、ノウハウが不十分で薬物注射の際に苦しむケースが相次ぎ問題化している。

    http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052401001331.html

    【アメリカ、死刑に電気椅子復活】の続きを読む

    a0001_015359


    1: アトミックドロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/05/24(土) 02:10:08.05 ID:qyb3b4fv0.net

    「付き合うなら断然外国人男性!」と主張する女子の本音あるある

    好きな男性のタイプは十人十色ですが、中には「外国人」を挙げる女性もいます。
    確かに外国人男性には、日本人男性にはない特別な魅力もあるようです。
    そこで今回は「オトメスゴレン」女性読者へのアンケート調査から、
    「『付き合うなら断然外国人!』と思ってしまう理由」を探ってみました。

    ◆ストレートな愛情表現をしてくれるから

    「『愛してる』と、堂々と言ってくれるのが嬉しい」(20代女性)
    「絶妙なタイミングで腰に手を回すなど、スキンシップも情熱的でドキドキ」(30代女性)
    「花やプレゼントをくれるなど気配りが行き届いていて、ずっとときめいていられる」(20代女性)

    ◆レディファーストを徹底してくれるから

    「女性をもてなす態度が自然で、こちらもいい女気分を味わえる(笑)」(20代女性)

    ◆連れ歩いて周りに自慢したいから

    「長身だったりマッチョだったり、いかにも『外国人』という風貌の男性は、一緒にいるだけで鼻が高い」(20代女性)

    ◆日本人にはない感覚が新鮮で、交際に発見があるから

    「行動のひとつひとつが珍しいから、ごく普通のお食事デートでも楽しい!」(20代女性)

    http://news.ameba.jp/20140522-360/
    http://stat.news.ameba.jp/news_images/20140522/16/76/Zc/j/o020002001399087621068.jpg

    【女子「つきあうなら外国人男性よね」】の続きを読む





    no title


    1: 百谷王 ★@\(^o^)/ 2014/05/21(水) 19:12:33.01 ID:???0.net
    米デラウェア州ニューアーク近郊で、2000万匹のミツバチが入った
    460個の養蜂箱を積んだトラックが横転した。テレビABCが21日、伝えた。

    警察の情報によると、トラックはカーブを曲がり切れずに横転し、中にいたミツバチが外に飛び出した。
    運転手とトラックに乗っていた2人の計3人がミツバチに50-100回刺され、
    病院に搬送された。3人の命に別条はないという。なお、事故現場に居合わせた人々数人もミツバチに刺された。

    現場には養蜂家たちが到着し、蜂を落ち着かせるために水を飛散した。

    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_21/mitsubachi-kougeki/


    【米国で2000万匹のミツバチを積んだトラックが横転】の続きを読む

    1: テキサスクローバーホールド(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/05/21(水) 20:10:21.65 ID:twXboJH/0.net
    ドイツが米国に次ぐ移住先に、南欧から急増=OECD調査

    [ベルリン 20日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)が20日に発表した2012年の移民に関する調査で、
    ドイツに流入した移民の数が前年から40万人増え、38%増となったことが分かった。

    OECDは、移住先で1年以上の滞在が可能な永住型の移民を調査。その結果、ドイツはOECD加盟国の中で
    米国に次ぐ最大の移住先となり、中でも増加が目立ったのは南欧諸国からの移民だった。ドイツは2009年には
    8位だった。

    OECDのトーマス・リーヒッヒ氏は移住先としてのドイツの人気について、「誇張ではなく、本当にブームだ。
    他のOECD加盟国にこのような増加はみられない」と述べた。

    一方、債務危機に陥り緊縮財政が導入されたスペイン、ポルトガル、ギリシャでは若年層の失業率が急上昇した。
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E102320140521

    【ドイツ、アメリカに次ぐ世界第2位の移住先になる】の続きを読む

    このページのトップヘ