no title

1: Hi everyone! ★ 2014/05/28(水) 22:41:19.08 ID:???.net
 ペダルや補助輪、ブレーキがない幼児向けの自転車型遊具「ストライダー」が人気を集めている。足で地面を蹴りながら進むため、 自然に体力やバランス感覚が養われ、運動能力が向上する。自転車への「入門用」として子供に買い与えるケースも多いという。

 ストライダーは米国生まれの自転車型遊具で、5年ほど前に日本でも販売が始まった。ハンドルとサドル、タイヤのみのシンプルな 作りで、ペダルやチェーン、ブレーキ、補助輪は付いていない。輸入代理店のストライダー・ジャパンは「子供自身の足と判断で 走らせながら安定させる乗り物」と説明する。

 利用時はサドルにまたがり、進行方向に視線を向けながら両足で地面を蹴って前に進む。曲がる際は「ハンドルを切る」のではなく、 体重移動で車体を傾けて方向を変える。これらは「生まれたときから身に付いている動作」(同社)なため、小さな子供でも簡単に操作 できるのが特徴だ。

 不安定なストライダーを乗りこなすことで、成長にとって不可欠なバランス感覚が養われ、その結果、「自転車にも苦労せず乗れる ようになる子供も多い」(同社)。乗る際はヘルメットや膝当てなどを着用し、公道や駐車場など車が通る場所、急な坂道、転落の恐れが ある場所では使わないよう注意する。

 車体の重さは約3キロと子供でも扱いやすく、色の種類も豊富。タイヤやサドルなどのパーツを取り換えることで、「自分だけの一台」 に仕上げることもできる。2~5歳向けで、価格は1万692円。全国の自転車店などで販売している。

ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/life/news/140528/trd14052810200008-n1.htm
写真=子供たちに人気のストライダー。ヘルメットを必ず着用し、安全な場所で乗る


【ストライダーが人気…自転車への「入門用」】の続きを読む