日本


    roulette-298029_640[1]

    1: 声なき声に力を ★ 2014/05/28(水) 21:19:41.10 ID:???.net
    コナミは28日、カジノ合法化をにらみ、カジノ運営会社に出資するための子会社を設立すると発表した。コナミは同子会社を通じて 海外のカジノ運営会社大手とパートナーを組み、運営業務に出資する計画。これによりコナミは、日本におけるカジノ運営業務に参画する。

    新会社はコナミゲーミングジャパンで、コナミの完全子会社。

    日本でカジノが合法化されると、実際の運営は、ノウハウのある海外勢と日本の企業とのコンソーシアムになる可能性が高いとされている。 コナミは同子会社を通じ、コンソーシアムに少数株主として出資する意向だ。

    出資金額は未定。カジノ候補地には東京や大阪のような大都市と地方都市の2パターンがあるが、同社幹部は、コンソーシアムへの参画は 「どちらのパターンでも前向きに検討する」と話した。

    日本では現在、カジノは違法だが、今通常国会にカジノを合法化するための「IR推進法案」が提出されている。6月22日までの会期中に 審議入りするかに注目が集まっているが、一部では次の国会ではないかとの見方も浮上している。

    実際のカジノ解禁には2段階のプロセスが必要で、推進法案が成立した後、詳細を詰めた上で、もう1つ別の法案(実施法案)を可決、 成立させる必要がある。

    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E80O320140528

    【「コナミ」がカジノ運営に参画へ、合法化にらみ新会社】の続きを読む

    a1750_000032


    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/05/28(水) 15:49:56.13 ID:???.net
    そのコーヒー店にはいくつかの呼び名がある。
    「サードウェーブ(第3の波)コーヒー」「コーヒー界のアップル」「フェラーリ並みのコーヒー」……。アメリカ西海岸発祥のブルーボトルコーヒーのことだ。

    2002年に元クラリネット奏者のジェームス・フリーマンが設立し、名だたるベンチャー・キャピタリスト(VC)や投資家から計4570万ドルの資金を集めている。
    コーヒー作りに時間をかけ、おいしさを追求する一方、2000ドル以上の高額なエスプレッソマシンをバリスタの90分の無料トレーニング付きで販売するなど
    何かと話題を提供中だ。4月には、コーヒー体験をオンラインで提供するトニックスやハンサム・コーヒー・ロースターズを買収した。

    フリーマンは、有名な楽団から声がかからないとクラリネット演奏をあきらめ、貯金を使ってサンフランシスコの東に位置するオークランドの
    アパートでコーヒーの焙煎を始めた。

    そして、バークレーのファーマーズ・マーケットでコーヒーを売り出した。
    その後、友人が持つサンフランシスコにあるガレージを借りて、常設のコーヒーのキオスクを始めた。

    2010年にはニューヨークに進出を果たし、現在は東海岸に7店、西海岸に6店と、計13店を展開している。
    スタンフォード大学のそばにあるパロアルト駅の前にも開設間近で、ロサンゼルスでも店舗を新設中だ。
    IT関連の事業でもないのに、グーグル・ベンチャーズ、インデックス・ベンチャーズ、インスタグラム、ツイッターの設立者や、元グーグルのエグゼクティブたちが
    この新しいコーヒー会社に相次いで投資している。彼らを魅了する理由は何だろうか。



    http://toyokeizai.net/articles/-/38664
    http://toyokeizai.net/articles/-/38664?page=2
    http://toyokeizai.net/articles/-/38664?page=3

    【【珈琲】スタバ震撼?「コーヒー界のアップル」日本へ】の続きを読む

    このページのトップヘ