1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/05/20(火)14:41:33 ID:???
小笠原諸島の「新島」出現から半年。溶岩などの噴出量は東京ドーム20杯分になる。
近くの西之島とつながった新しい陸地面積は元の西之島の3.5倍を超え、更に「成長」を続けている。

陸地面積は約75万平方メートル、最も高い地点の海抜は70メートルを超えた。

この半年間の溶岩の噴出量は約2500万立方メートルに達し、
これは、海底火山の噴火活動が1年以上続いて西之島が拡大した
1973~74年の約2400万立方メートルを上回っている。

東大前野助教は「今回の噴火は、73年時の水深100メートル程度より浅い
水深数十メートルで始まったために、島の成長も当時より速いと考えられる。
噴火がいつまで続くかは予測できないが、面積は更に拡大するだろう」と話す。

一部省略、ソース:毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140520k0000e040166000c.html

【小笠原新島、すくすく成長 東京ドーム20杯分に】の続きを読む